*All archives* |  *Admin*

骨粗鬆症治療薬服用中の注意事項
46歳にして標準運骨塩量が80%しか無い事が判明したので
3ヶ月前より 骨粗鬆症治療薬 『フォサマック』を処方され
1錠/週のペース服用しておりました。
先日の骨塩量検査ではほぼ95%まで回復^^
喜んでいた矢先
久しぶりに歯の定期検査を受診してきました。

うつ病の他にも糖尿病やら高脂血漿やらで
多彩なお付けのこの身体ですので
歯科医の先生にもキチンとお薬手帳を
渡して服用薬の内容を確認して頂きました。
そしたら、あら大変!!!
現在、以下の内容が問題になっているとの事。

***************************************

ビスフォスフォネート系と称される薬剤の投与を受けた患者さんにおいて、
顎骨壊死・顎骨骨髄炎が発現したと報告されています。
報告された症例の多くは、抜歯等の侵襲的歯科処置や局所感染に関連して発現しており、
特に抜歯した場合にその部位付近で発現しています。
BP系薬剤には注射剤と経口剤があり、顎骨壊死・顎骨骨髄炎は癌患者に投与される注射剤で
多く報告されていますが、まれに骨粗鬆症患者等に投与される経口剤でも報告されています。
BP系薬剤の投与を受けた患者さんにおける顎骨壊死・顎骨骨髄炎のリスク因子として、下記
が考えられています。

注射剤
 *アレディア(パミドロン酸二ナトリウム)
 *オンクラスト(アレンドロン酸ナトリウム水和物)
 *テイロック(アレンドロン酸ナトリウム水和物)
 *ビスフォナール(インカドロン酸二ナトリウム)

経口剤
 *ダイドロネル(エチドロン酸二ナトリウム)
 *フォサマック(アレンドロン酸ナトリウム水和物)
 *ボナロン(アレンドロン酸ナトリウム水和物)
 *アクトネル(リセドロン酸ナトリウム水和物)
 *ベネット(リセドロン酸ナトリウム水和物)
 *ゾメタ(ゾレドロン酸水和物)

萬有製薬HP より抜粋
http://fosamac.jp/secure/index.html
http://www.banyu.co.jp/pdf/content/hcp/productinfo/notification/notice_bisphosphonate.pdf

****************************************

おいらの場合フォサマックを3ヶ月服用を中止後再び歯の治療を行う事となりました。

こうしてみるとお薬手帳はキチンと使うことが身を守る事なんだと
つくづく思いました!!

治療予定の歯が3本以上残っているのですが
どうかこれから3ヶ月は疼かないよう願って止まないおいらです(笑)



関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

 月灯猫☆彡 (つきあかりねこ)

Author: 月灯猫☆彡 (つきあかりねこ)
 
『拡張型心筋症』

『双極性障害Ⅰ型』

2つの障害を患い

3頭のわんこと生活

をしています。

月齢
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月灯猫☆彡のツイキャス!
リンク
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

夜はやさし
来場トータル数
QRコード
QR
黒メイド時計
ランキング投票ボタン
blogram投票ボタン
グーバーウォーク
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリックご協力お願い致します